VirtualBoxでHost-Only Ethernet Adapterが原因でVMが起動しない時

VirtualBoxを4.3から5.0にアップデートしたら仕事で使うVMが以下のメッセージを出すだけで起動しなくなった。

Failed to open/create the internal network ‘HostInterfaceNetworking-VirtualBox Host-Only Ethernet Adapter #2’ (VERR_INTNET_FLT_IF_NOT_FOUND).

Failed to attach the network LUN (VERR_INTNET_FLT_IF_NOT_FOUND).

終了コード : E_FAIL (0x80004005)
コンポーネント: ConsoleWrap
インターフェース: IConsole {872da645-4a9b-1727-bee2-5585105b9eed}

原因がわからずに数ヶ月4.3で我慢してたんだけど、重い腰を上げて調査開始。

仮想支援機能が無効になってないかBIOSをチェックしたり、Windows 10のHyper-Vが有効になっていないかチェックはしたんですが問題なく。

今まで起動出来てたVagrantの方も起動できなくなってたので念のためネットワーク設定を確認することに。

ネットワークと共有センター

アダプターの設定の変更

対象のVirtualBox Host-Only Ethernet Adapterを右クリック

プロパティ

2015-12-02 (4).png

ここでVirtualBox NDIS6 Bridged Networking Driverのチェックが外れてたのでチェックしたら起動した・・・

VirtualBoxでHost-Only Ethernet Adapterが原因でVMが起動しない時」への2件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中