XPS 13 2-in-1(7390)を購入

先日、待ちに待ったスペックのノートPCがDELLから発売されたので早速購入したので、レビューってほどじゃないけどざっくり。

買い替えの要件

・本体サイズ13インチ(13インチディスプレイ搭載でVAIO Zまでのサイズ)
 そのサイズであれば狭額で14インチとか搭載しててもよい。
・物理コア4コア以上
・メモリ32GB以上
・SSD512GB以上
・ディスプレイWQHD程度
・重量1.3kg前後
・ある程度信用できるメーカー

注文してから届くまで

8月20日:注文完了
8月28日:出荷済み
9月04日:国内物流センターから出荷
9月05日:佐川急便で到着

VAIO Zと雑にスペック比較

現在使っているのが2015年2月発売のVAIO Z(2015)なのでそれとの比較

VAIO Z(2015)XPS 13 2-in-1(7390)
CPUCore i5-5257U(TDP28W)Core i7-1065G7
メモリ16GB32GB
SSD256GB PCI Express x41TB PCIe NVMe x4
ディスプレイ13.3インチ WQHD13.4インチ UHD+
バッテリー58Wh51Wh
サイズ324x215x15mm296x207x13mm
重量1.34kg1.33kg

CPUは5世代飛び、メモリは倍増し、SSDは容量4倍にもなった。
メモリ32GBを選択すると、CPU、SSD、ディスプレイが1種類ずつしかなくなるので、選択肢は実質カラバリぐらい。
ディスプレイは2K以上搭載されても100%で使うのは辛いのでそこまで要らないが、選択肢がないので致し方なし。

それにしてもVAIO Zのスペックを見ると今なら割と平凡なスペックだけど、発売が4年半も前って考えると当時の謳い文句、モンスターPCは伊達じゃない。
今でも普通に使えるスペックなのがすごい。

VAIO Zとのサイズ比較

画面サイズはほぼ一緒だがベゼルが狭くなった分、開いたときの高さが1.2cmほど低くなった。
同じ理由で幅も2.5cmほど短く。
キーボード自体の幅はVAIOが28.2mm、XPS 13が28.7mmと5mmほど広い。
(キーピッチはJISとUSなので比較するのはあまり意味ないが、VAIOは15mm、XPSは19mm)

インターフェース

VAIOは充電端子、イヤホンジャック、SDカード、HDMI出力、USB-A×2
XPS 13はイヤホンジャック、microSDカード、USB-C(充電共用)×2

有線や、レシーバー付き無線マウスを使う場合はUSB-CからUSB-Aに変換するものが必要になる。(付属品?おまけ?にあるが大きすぎて常用する気にはならない)

基本的に自宅で使う想定なので据え置き用の純正ユニバーサルドック(D6000)も一緒に購入。
このドックにはUSB-A×4、USB-C×1、LAN×1、DP×2、HDMI×1、イヤホンジャックが付いてるので、PCをドックから生えてるUSB-Cに接続するだけで全部つなげるようになったのは大変便利。
Sony時代にあったVAIO Zのドッキングステーションを思い出す。

バッテリの持ちや使い勝手などはしばらく使って気が向いたら書きます。