Vagrant 1.9.3 に更新して Errno::EADDRNOTAVAIL が出た時の対応

このようなエラーが出た場合の対処方法

C:/HashiCorp/Vagrant/embedded/gems/gems/vagrant-1.9.3/lib/vagrant/util/is_port_open.rb:21:in `initialize’: The requested address is not valid in its context. – connect(2) for “0.0.0.0” port 80 (Errno::EADDRNOTAVAIL)

Vagrantfileにforwarded_portを指定しているなら「host_ip: “127.0.0.1”」を追加する。

config.vm.network :forwarded_port, guest: 22, host: 2231, id: “ssh”
ならば
config.vm.network :forwarded_port, guest: 22, host: 2231, host_ip: “127.0.0.1”, id: “ssh”
とする。

広告

Vagrantが起動しない時【その2】

Virtualboxが「新しいバージョンあるよ」って毎回うるさかったのでアップデートしたらVirtualBox Host-Only Networkがネットワーク接続から消えて起動できなくなった。

前回前々回とも症状が違うのでメモを残しておく。
以下はその時のエラー

The guest machine entered an invalid state while waiting for it
to boot. Valid states are 'starting, running'. The machine is in the
'poweroff' state. Please verify everything is configured
properly and try again.

If the provider you're using has a GUI that comes with it,
it is often helpful to open that and watch the machine, since the
GUI often has more helpful error messages than Vagrant can retrieve.
For example, if you're using VirtualBox, run `vagrant up` while the
VirtualBox GUI is open.

The primary issue for this error is that the provider you're using
is not properly configured. This is very rarely a Vagrant issue.

バージョン戻してもダメだったので色々調べたところExtension Packを入れると直るとのことでダウンロードページから落としてきて拡張機能にインストールしたら直った。

Download VirtualBox

vagrantが起動しない時のメモ

何もしてないつもりだけどvagrant upでVMが起動しない場合のメモ

  • Vagrantfileに以下を記載してGUIに設定する
    config.vm.provider "virtualbox" do |vb|
    	vb.gui = true
    end
  • 「ホストマシンの仮想化支援機能(VT-x/AMD-V)が使用できません。64ビット ゲストOSは64ビットCPUを検出できず、起動できません。」と出たら、BIOSで仮想化支援機能が有効か確認する。
  • それでも起動しないならHyper-Vが有効になってる可能性があるので以下をコマンドプロンプトで実行し無効化する。
    bcdedit /set hypervisorlaunchtype off