【通販】由良添い寝抱き枕カバー

俺の嫁!弐陸で頒布の由良添い寝抱き枕カバーです。
イベント終了後にBOOTHにて受注生産します。(事前予約は終了しました。)
※受注数より少し多めに生産するので在庫が存在することもあります。

イラスト:タンタカ様
生地:しろもうふ製「白桜」フレス製「アクアプレミア」フルグラフィックファクトリー製「Snow White」
価格:¥12,000+送料(Use tenso.com to ship Japanese products around the world.)
備考:需要がある限り生産しますので転売での購入は控えるようお願いします。
生地によって若干色味が異なります。

以下サンプル

続きを読む

広告

INFOBAR xv を購入した

通話用として使っていたiPhone 5cがOSサポート切れてる+動作的に限界+バッテリー膨らんでるのコンボでいい加減買い替え。

ずっと買い替えを渋ってたんだけど、その理由が契約プラン。
今まではLTEプランS、2年割、LTE NET、LTEダブル定額で月額1800円ほど。
これはVoLTE非対応機種なのでこの値段だったが、iPhone SEはVoLTE対応なので当時はどう足掻いても月額5000円ぐらいだった記憶。
(今はピタッとプランとかMNOとしては安めなプランが出てきてるので月額3000円ぐらい)

INFOBAR xvはガラホに分類されるので料金プランもガラホになり、スマホの料金プランよりいくらか安くなる。
スーパーカケホ(ケータイ)+ダブル定額Z(ケータイ)+LTE NETで月額1600円程度になる。
※ダブル定額Zは少しでもパケット通信したら上限の4200円になるのでモバイルデータ通信をオフにして運用する前提のプラン

それにしても予約から発売日の今日まですごい待たされたものだ。
確か予約開始日の9月4日に予約
10月26日に発売開始時期が2018年秋から2018年11月下旬以降に変更
11月19日に発売日が11月29日に確定
11月27日に本申込のメール
そして今日である。

使い勝手などはまた今度。
なんせまだ自宅に到着してから2時間ぐらいしか経ってない。

ショップ視点でBOOTHに思うところ

思うところをだらだら書いたら趣旨が分からなくなってきたけど直す気力もないのでそのまま公開します。

去年の年末に夕張抱き枕カバーを作り始めて初めてBOOTHにショップを持ったんですが、
おかげさまでもうすぐ1年になります。

販売開始からしばらくはそれなりに数が出ていたのでBOOTH倉庫にお世話になっていたんですが、流石に1年近くも経つと売れる数ってすごく落ち着いてくる訳ですね。
(とは言え由良抱き枕カバーの通販が始まってからまた少し伸びたんですが。)

そうなるとBOOTH倉庫においておくメリットってほぼないので自宅から発送に切り替える訳ですね。
そこで初めてBOOTH通販の融通の効かなさが見えてきたのでちょっとまとめておく。 続きを読む

個人で仕事を受ける際の報酬の話

Twitterみてたら久々に「実績になる」「経験が積める」とか理由つけて報酬をケチるクライアントの話が流れてきて「まだそんな言葉に騙されて仕事請け負う人がいるのか」って思ったので個人の意見というか、個人事業主として自分でも気をつけてることをメモっておく。


前提条件

黒澤個人の考えです。
専業・兼業、業種関係ないです。

仕事として請け負う以上、賃金が発生するのは自然の流れですし、賃金するということは責任も発生します。
逆に言えば賃金が発生しない仕事は責任が発生しないと考えています。
責任が発生しないということは途中で投げ捨てたところで文句を言われる筋合いもないです。

同じく契約書がない仕事もありえないと思っています。
仮に口約束、DM、メールなどで~~円払うと言っていても本当に守られるか怪しいです。
ちゃんと「いつまでに」「税込み・税別で」「何円を」「どのように」支払うか決めてますか?

「金銭報酬はないけど何かあった時は責任負ってね」とか「~~円支払うとは言ったけどいつとは言ってない」とか言ってくるクライアントと仕事したいですか?


契約

クライアントがまともな企業ならちゃんとした契約書が出てくるでしょうが、内容はちゃんと確認してください。
契約書が出てこない相手と仕事をするなら、基本的に何も守らないと思って仕事してください。

契約内容は企業や業種によりけりなので、これ!と言う物はないと思います。
私が抱き枕カバーのイラストを依頼した際の契約内容の概要は夕張抱き枕カバー制作話を御覧ください。
個人的に最低限でもこれだけは確定させないと後々揉めると思っています。


実績と経験

「実績になる」「経験が積める」と言ってくるクライアント、本当に実績になりますか?実績が積めますか?

実績というのは他人が認識できるようになって初めて実績になります。
クライアントが有名じゃない場合は大した実績にならないです。
誰もが知ってるクライアントでも仕事内容を公開できない場合も実績にならないです。

積める経験も一体どんな経験が積めるのか事前にわかりますか?
自分にとって有益になり得る未知の領域を教えてもらえるのであれば経験が積めると言えます。
ただこれは相手が教えてくれるという条件のもとで初めて成立します。
教えてくれないなら仕事ではなく個人でやるのと何も変わりません。

これで報酬がないとなった場合、ただの奴隷です。


金銭報酬に関して

自分の単価や相場を決めておくべきです。
作業時間に対して発生する金額や、特定の作業に対する金額です。

まずは自分の時給を決めます。
決め方は簡単で、1ヶ月に稼ぎたい金額を設定します。
1ヶ月の稼働時間を決めます。(1日8時間×平日20日で160時間とか)
仮に1ヶ月100万稼ぎたいなら時給6250円です。

この時給に対して、作業内容にかかる時間をおおよそで計算して出した金額が単価です。
時給6250円の人が1日(8時間)でできる作業内容なら5万円になります。
もちろん成果物のクオリティもあるのでその辺を加味してある程度金額が上下することもあります。
ただ減らす場合はあまり卑屈になりすぎて半額とかやるのはやめましょう。
次回も同じ金額で同じ作業、もしくはそれ以上のことを要求されて自分の首を締めるだけです。

ちなみに注意したいのが、駆け出しフリーランスにありがちな金額設定で、1ヶ月生活できる最低限だけあればいいやとか考えて1ヶ月単価20万円とかに設定すると悲惨です。
税金、保険などで引かれる金額が全く頭に入ってないので生活できません。
また常に仕事があるとは限らない(仕事が取れないとか、怪我や病気で作業できないとか)ので多めに見積もることはおかしくありません。

WQHD対応のUSB 3.0 → HDMI変換アダプタを買いました

291_1_blackCable Matters USB 3.0 to HDMI/DVI変換アダプター (Windows用) USB to HDMI 変換コネクター HDMI-DVIアダプター付属 2560×1440解像度 Windows 10/8.1/8/7/Vista/XP対応(ブラック)


購入に至るきっかけ

自宅でVAIO Zを使うときは外部モニタを2枚使っているのですが、
VAIO Zにはモニタ出力端子がHDMI端子1つだけなのでそのままでは出力できません。

今まで使っていたj5 CreateのJUA350に不満を感じつつも、運用でカバーして誤魔化してたのですが、引っ越しの際に買い替えたモニタの解像度(WQHD)に対応してなくてついにお役御免となりました。
不満点としてはWQHDに対応していない他に、Windows 10向けのドライバーがお粗末、USBハブが使い物にならない、先に刺してからChromeを起動するとChromeが真っ黒のままで使い物にならない(先にChromeを起動してから挿すと大丈夫)あたりです。


購入する前の調べ物

USB端子からHDMI端子に変換するコネクタは多々あれど安いものはUSB 3.0の転送速度が足りないためにFHD(1920×1080)が上限が多いです。
USB 3.0だと規格上の転送速度は5Gbpsなので約3Gbpsの速度が必要になるFHD(解像度1920×1080、24bitカラー、60Hz)で使う場合は多少の余力があります。
しかしWQHD(解像度2560×1440、24bitカラー、60Hz)で使う場合は約5.3Gbpsの速度が必要となり足りません。

購入した製品はDisplayLink社の専用チップが入っており、PC本体のCPUで画像を圧縮してUSB経由で変換アダプタに転送した後、アダプタの専用チップが解凍してHDMIで転送するという仕組みらしい。
それ系のレビューサイトでは「この会社のチップが入っていればまあ間違いない。ただし安くても5000円はする。」みたいなことを書いてあった。


レビュー

自分の接続方法が普通ではないのでそこだけ先に共有。
普通であればPC本体に本製品を挿すと思うのですが、ディスプレイにUSBハブ機能があるのでそこに接続してます。

  • PC本体とディスプレイAをHDMIとUSBで接続
  • ディスプレイAに本製品を接続
  • ディスプレイAに接続した本製品とディスプレイBのHDMIを接続

上記の接続で使っていますが今の所特に致命的な問題は発生してません。
本体の発熱もほぼありません。
強いて言えば起動直後などCPU使用率が高いときに描画が少しカクつく程度かな。

Windows Update October 2018も気をつけろ

Windowsアップデート(特に大型アップデート)は毎回何かしらやらかすイメージがあるんですが、今回被害にあったのでメモ程度に…


追記情報

  • ユーザーアカウントはMSアカウントに紐付いたものでローカルアカウントではない
  • ただし以前修理に出した際にパスワードを外すために、一度ローカルアカウントにした経緯はある(その後MSアカウントに戻した)

アップデート前の環境

  • Windows 10 April 2018 Update(1803)
  • OneDriveの使用容量が大きいのでSDカードをマウントしてそっちに割り当ててた
  • OneDriveとは別にローカルのユーザーフォルダにドキュメントフォルダなどが存在

アップデート後の環境

  • Windows 10 October 2018 Update(1809)
  • ローカルのドキュメントやミュージックの場所がOneDriveの場所に書き換わっていた
    (本来であればC:¥Users¥[ユーザー名]¥Documents)
    image
  • 本来のC:¥Users¥[ユーザー名]¥Documentsの中身は空っぽになっていた。
    (何故か1フォルダだけ残ってたが中身は空っぽ)
    image (1)

Windows 10 April 2018 Update(1803)に復元後

  • ローカルにあったドキュメントフォルダは中身空っぽのままでファイルロスト
  • 仕方がないので定期的に取っているシステムイメージから復元中
  • 復元データから消える対象フォルダのファイルを別の場所にコピー
  • 再度1809を当てるもやはり消える

2018/10/06追記

配信が一時停止されたようです。
https://support.microsoft.com/en-us/help/4464619/windows-10-update-history