個人で仕事を受ける際の報酬の話

Twitterみてたら久々に「実績になる」「経験が積める」とか理由つけて報酬をケチるクライアントの話が流れてきて「まだそんな言葉に騙されて仕事請け負う人がいるのか」って思ったので個人の意見というか、個人事業主として自分でも気をつけてることをメモっておく。


前提条件

黒澤個人の考えです。
専業・兼業、業種関係ないです。

仕事として請け負う以上、賃金が発生するのは自然の流れですし、賃金するということは責任も発生します。
逆に言えば賃金が発生しない仕事は責任が発生しないと考えています。
責任が発生しないということは途中で投げ捨てたところで文句を言われる筋合いもないです。

同じく契約書がない仕事もありえないと思っています。
仮に口約束、DM、メールなどで~~円払うと言っていても本当に守られるか怪しいです。
ちゃんと「いつまでに」「税込み・税別で」「何円を」「どのように」支払うか決めてますか?

「金銭報酬はないけど何かあった時は責任負ってね」とか「~~円支払うとは言ったけどいつとは言ってない」とか言ってくるクライアントと仕事したいですか?


契約

クライアントがまともな企業ならちゃんとした契約書が出てくるでしょうが、内容はちゃんと確認してください。
契約書が出てこない相手と仕事をするなら、基本的に何も守らないと思って仕事してください。

契約内容は企業や業種によりけりなので、これ!と言う物はないと思います。
私が抱き枕カバーのイラストを依頼した際の契約内容の概要は夕張抱き枕カバー制作話を御覧ください。
個人的に最低限でもこれだけは確定させないと後々揉めると思っています。


実績と経験

「実績になる」「経験が積める」と言ってくるクライアント、本当に実績になりますか?実績が積めますか?

実績というのは他人が認識できるようになって初めて実績になります。
クライアントが有名じゃない場合は大した実績にならないです。
誰もが知ってるクライアントでも仕事内容を公開できない場合も実績にならないです。

積める経験も一体どんな経験が積めるのか事前にわかりますか?
自分にとって有益になり得る未知の領域を教えてもらえるのであれば経験が積めると言えます。
ただこれは相手が教えてくれるという条件のもとで初めて成立します。
教えてくれないなら仕事ではなく個人でやるのと何も変わりません。

これで報酬がないとなった場合、ただの奴隷です。


金銭報酬に関して

自分の単価や相場を決めておくべきです。
作業時間に対して発生する金額や、特定の作業に対する金額です。

まずは自分の時給を決めます。
決め方は簡単で、1ヶ月に稼ぎたい金額を設定します。
1ヶ月の稼働時間を決めます。(1日8時間×平日20日で160時間とか)
仮に1ヶ月100万稼ぎたいなら時給6250円です。

この時給に対して、作業内容にかかる時間をおおよそで計算して出した金額が単価です。
時給6250円の人が1日(8時間)でできる作業内容なら5万円になります。
もちろん成果物のクオリティもあるのでその辺を加味してある程度金額が上下することもあります。
ただ減らす場合はあまり卑屈になりすぎて半額とかやるのはやめましょう。
次回も同じ金額で同じ作業、もしくはそれ以上のことを要求されて自分の首を締めるだけです。

ちなみに注意したいのが、駆け出しフリーランスにありがちな金額設定で、1ヶ月生活できる最低限だけあればいいやとか考えて1ヶ月単価20万円とかに設定すると悲惨です。
税金、保険などで引かれる金額が全く頭に入ってないので生活できません。
また常に仕事があるとは限らない(仕事が取れないとか、怪我や病気で作業できないとか)ので多めに見積もることはおかしくありません。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中