XPS 13体験モニター モビリティ編

XPS 13を約1ヶ月、ほぼ毎日持ち歩いた感想とバッテリー性能に関して。

持ち運び方法はよくあるビジネスバッグと、ひらくPCバッグminiの2パターンです。
どちらも普段VAIO Zを持ち運んでいたバッグなのでサイズ的には余裕があります。
ビジネスバッグでVAIO Zを持ち運んでいた時は若干重いと感じることが多かったですが、XPS 13に関してはそんなことはなかったです。
ひらくPCバッグで持ち運んでいた時はいままでの感覚からかけ離れていて、入れるのを忘れたかと思うほどです。

ACアダプタ自体は小さいので持ち運びには余り邪魔になりませんが、ACアダプタとコンセントをつなぐケーブルが結構太く思ったほど畳めないので勿体無い感じです。Dbe1K0FV0AA1PM6.jpg

バッテリー性能はと言うと、公称値21時間に対して実稼働6〜10時間ぐらい。
使い方としてはChromeでGmail、Googleカレンダー、YouTube、TweetDeck、その他調べ物沢山のタブを開きながら、PhpStormやVisual StudioなどのIDEでプログラム書いたり、とか結構ハードにこき使ってたので、開発職じゃない一般的な使い方ならもっとバッテリー持つと思います。

ただバッテリー自体が大容量であってもInstant GOが有効化されてるせいで持ち運んでる最中、定期的に通信し始めるので気づいたらカバンの中でホッカイロ状態かもしれません。
(自分は使い始め1週目に気づいて切りました。)

その辺だけ気をつけておけば、上記のACアダプタが必要な場面は少ないので、軽い外回りがメインの営業職や、ちょっとした勉強会にはオススメじゃないでしょうか?

広告

XPS 13体験モニター モビリティ編」への1件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中