BizSparkのAzureサブスクリプションを更新する

このページに辿り着いた人のほとんどがもうすぐBizSparkの期限が切れるけど、
更新の仕方が全く分からん!!って人がほとんどだと思います。

恐らく「Your Microsoft BizSpark Benefits will end in 1 week」っていうメールが来てると思います。
雑にメールの内容を要約すると「もうすぐBizSparkの期限切れだけど更新するかい?更新するなら安くしとくぜ?まあ更新しなくてもVS CommunityとVS Codeは使えるけどな!」って感じです。

このメールが来てしばらくしてから割引っていったいいくらになるんだ?って調べてたんだけど全然値段書いてるページが見つからねー!!
必死こいて見つけたら「代理店に連絡してね、日本の代理店はこれ!」ってサイトのURLとメールアドレスが書いてあった(ドメインが全然別なんだが大丈夫かこれ…)ので問い合わせした。

???????????????????????????????
割引とは?(概念)

ちなみにnPressでは恐らく標準サブスクリプションの「Visual Studio Professional w/MSDN 全言語版(日本語/英語含む) ソフトウェアアシュアランス(更新)」の値段は2年契約一括払いで約11万円。
一方、Visual Studio MarketplaceではクラウドサブスクリプションのVisual Studio Professional年間サブスクリプションが$539(約5.5万円)です。(購入にはなぜかAzureのサブスクリプションが必要)
標準サブスクリプションとクラウドサブスクリプションの違いはこちら

今回は期限切れ当日の購入なので、Visual Studio Marketplaceから購入することにしました。
なお、こんな面倒なことしなくてもAzureのサブスクリプション更新だけなら使用制限削除して自動更新にすればいいだけだと思います。
自分はCode Lensを使いたかったのでCommunityより上のエディションが必要というのと、
Azureも結構使ってるのでクレジットがついてると得だなって感じたからです。

  1. https://marketplace.visualstudio.com/subscriptionsにアクセスして、Professional、Enterpriseの年間、月額の選択をします。
    無題
  2. Getします
    無題
  3. 更新したいAzureのサブスクリプションを選択します。
    この際、Azureの使用制限がかかっていると先に進まないので指示に従います。
    使用制限を削除したら反映されるまで少し待ってからページリロード。
    Continue押して次の画面へ。
    無題.jpg
  4. 購入数を決めます。
    Continue→Confirm
    無題
  5. You are all set!
    無題

ちゃんと更新できたかどうかは明日確認しますね…

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中