Logic AppsやMicrosoft FlowのトリガーにTwitterを指定する場合のメモ

コミュニティ(devcussion)のSlackに関連ツイートを拾って投げるLogic Appsを設定してるんですがその設定メモ。

トリガーとなるTwitterの設定は「When a new tweet is posted(新規ツイートが投稿された時)」しかなく、設定内容はFlowは「検索テキスト」のみで、Logic Appsは「実行頻度」も指定出来る。
(Flowはプランによって実行頻度が異なる)

キャプチャ.JPG

ここで検索テキストに「devcussion」と入れるとTwitterの検索で「devcussion」を検索した時と同じ結果が得られる。(重要)

この検索結果を元に条件、もしくはアクションを追加できるが、RTされたものは弾きたい。
そこで条件を追加しようとした場合、条件は「ツイートテキスト」に「RT @」が「含まれるない」にすればいい。

いいんだが、ということは検索テキストに「-“RT @”」を入れるのと同じなのでこうする。

キャプチャ

Logic AppsやFlowの料金体系上、こういった無駄は削ったほうが安く済むので積極的に削っていきたい。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中