2016年VAIO Zが発表されてたあああああああああ

今朝発表されてるの全然知らなくてくぁwせdrftgyふじこlp;@:「

pic-main1
フリップタイプとクラムシェルタイプの2つになって全体的にスペックアップして1年経った順当な進化が見て取れます。

まず2015年版からの変更部分

  • CPUが第5世代から第6世代に変更
  • NVMe対応PCIe Gen3. SSDの採用でアクセス速度上昇
  • VAIO S11と同じ指紋が付きにくいキーボードを採用
  • OSにWindows 10 / Windows 7が選択可能
  • バッテリー稼働時間が延長(フリップで約19.4~19.7時間、クラムシェルで約20.9~27時間)

次にクラムシェル

  • WQHDの他にFulHDを選択可能
  • タッチパネルなし(その分170g軽量化)

個人的にWindows 10になってからディスプレイをほとんどタッチしなくなったので、軽量化されたクラムシェルでWQHDなのが欲しくなってるけど流石に買い換えられない…

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中