ガラスの花と壊す世界を見てきました。

結果を先に書くと素直に「ガラこわはいいぞ」とは言えませんでした。
理由はいくつかありますが・・・。

※そもそも「ガルパンはいいぞ」とは

まず、ガラスの花と壊す世界が公開初日で既に映画だけではなく、劇場版コミックが出てたり、原案コミックが出てたりと何から手を付けたらいいのか分からない状態。

劇場版コミックは本当に劇場版がほとんどそのままコミックになっているので、劇場見に行けない人はこれを読めばいいんじゃないかな?
ちなみに劇場版コミックにはお風呂シーンがありますが、劇場版ではお風呂シーンはありません。

こちらは原案コミックで、劇場版とはほぼ無関係な内容。
いつ見てもいいと思う。

そして劇場版ですが、まず時間が予告など含めて75分(実質70分ぐらい)とフルプライスの映画としてはだいぶ短め(予算の都合かどうか知らないけど)で、その影響か後半駆け足になっている印象があった。

内容も前半はまだコミックを読んで行ったので理解出来ていたものの、後半は映像を見ながら理解するのが追いつかなくなり困惑気味に。
(終了後、席を立つ人たちから「あれはああだよな?」みたいな確認する会話が聞こえた)

個人的に面白かったとは思いますが、Twitterで検索してみるとネガティブ意見の方が多い感じ。
ただその内容も先に書いた通り時間が短いとか、1回で内容を把握・理解しきれないとか言うものが多かったです。
(ネタバレになるから書かないけど、一部の指摘はそれは確かにどうなってんだってのもあった。)

そんな人はパンフレットかBDがオススメ!(ダイレクトマーケティング)

あとドロシーが艦これの川内にしか段々見えなくなってきてつらい。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中