様々なサービスを繋ぐzapierが便利

以前、RedmineとChatworkを結ぶ手段を探していた時に教えてもらったか、何かの拍子に見つけたか忘れたけど便利そうなzapierというサービスがあります。

Twitterは常駐してるけどメールを見逃すことがあったのでTwitterに通知したり、Gitにコミットした内容がAzure WebappにDeployされたらTwitterに通知するとか全部Twitterに集約してみました。

e382ade383a3e38397e38381e383a37zapierにログインするとこのようなダッシュボードが表示されます。
右カラムにあるMake a New Zapで新しいサービス間連携が設定できます。
連携出来るサービスの数は非常に多く、現在主流になっているようなサービスはほぼ使えます。
Explore Zapsにはある程度プリセットされたサービス同士の組み合わせがありますが今回は新しく設定します。

キャプチャ

Make a New Zapを選ぶとこの様な画面になります。
今回はトリガーを「Gmailで新しいメールを受け取ったら」、アクションを「Twitterにツイートする」という設定にするので上のようになります。

キャプチャ

トリガーとアクションを設定したらContinueを押してそれぞれのサービス認証を通します。
今回は「通知用でもどこからメールが来てるのか公開したくない」「メインアカウントがAPI制限に掛かる可能性の回避」の2つの理由からGmailの通知用に新しく鍵垢のTwitterアカウントを取得しました。
取得した鍵アカウントをメインアカウントでフォローしてツイートを見えるようにします。

キャプチャ

次はトリガーとなるGmailのフィルターです。
全メール受診時に通知してもいいのですがそれでは困る人はLabelでのフィルタリングや、差出人、件名などでフィルタリング出来ます。

キャプチャ

最後にどんなツイートにするかを設定します。
TLに流れるだけでは見逃すことがあるので自分宛てにメンションを飛ばします。
ツイートの内容としては差出人名、件名、メールのURLです。
なお、Twitterの仕様で140字を超える場合は途中で切られます。

キャプチャ

するとこんな感じでツイートが飛んできます。

キャプチャ

なお、フリープランの場合、制限がある程度あります。
1ヶ月に100タスク(処理数?)、5 Zap(サービス間連携設定)、実行間隔15分。
Tasks/moが実行されたタスク数だとするとメール通知用としてはちょっと足りないかもしれないですね。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中