AzureのWEBアプリにfuelphpを展開する

Bitbucket

リポジトリを作成。
masterブランチにfuelphpをcommitしてpush
masterからreleaseブランチを作成

Azure

AzureにWEBアプリを作成
プランは何でもいいけど今回はテスト用なのでFreeプラン
作成したWEBアプリの展開方法でBitbucketを選択、認証後releaseブランチを選択
WEBアプリの設定で仮想アプリケーションとディレクトリでルートディレクトリがsite\wwwrootになっているので、site\wwwroot\publicに変更

終わり。
fuelphpはIIS用のweb.configが入ってるので楽。
Bitbucketでやったけど、Azure側で対応してるサービスならなんでもいい、はず。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中