iPhone実機デバッグの手順

Appleデベロッパープログラムに登録が完了したのでようやく実機デバッグが出来ます。
(ここまでずっとシミュレータだった)

デバイスの登録

実機デバッグする端末を登録する。
登録された端末以外はアプリのデプロイが出来ない。

  • メンバーセンターにアクセス(Safari推奨)
  • Certificates, Identifiers & Profilesを選択
    スクリーンショット 2015-05-28 6.36.25
  • Devicesを選択
    スクリーンショット 2015-05-28 6.39.42
  • +を選択
    スクリーンショット 2015-05-28 6.42.03
  • Name(任意のデバイス名)とUDIDを入力
    スクリーンショット 2015-05-28 6.44.34
    UDIDの取得方法はiPhoneをMacに接続してiTunesを起動、
    iPhoneマークをクリックしてシリアル番号を1回クリックすると表示される。
    コピーはUDID出てる状態でCtrl+クリックで出てくるコピーをクリック。
    スクリーンショット 2015-05-28 6.50.41
  • Continueで端末の追加になるはずだがずっとインジゲータが回ってる時はブラウザを変更して再度登録し直す。

デバイスの登録が済んだら証明書を作成します。

証明書の作成

  • (必要かどうかわからないけど念のため)Xcodeを起動
  • Xcode → Preferences → Accounts
  • デベロッパープログラムに登録したApple IDがなければ左下の+から登録
  • Apple IDを選択してViewDetails
    スクリーンショット 2015-05-28 18.26.50
  • 左下のスクリーンショット 2015-05-28 18.29.20をクリック
  • Macのアプリケーションフォルダで、[ユーティリティ]フォルダを開き、キーチェーンアクセスを起動
  • キーチェーンアクセス→証明書アシスタント→証明局に証明書を要求
    スクリーンショット 2015-05-28 7.13.23(2)
  • メールアドレスと通称を入力して要求の処理をディスクに保存、鍵ペア情報を指定にチェックして続けるスクリーンショット 2015-05-28 18.10.04
  • 任意の保存場所を指定
  • デフォルトのまま続ける
    スクリーンショット 2015-05-28 18.11.48
  • SafariでメンバーセンターのCertificates, Identifiers & Profilesを選択
  • Certificatesを選択
  • 右上の+を選択
  • iOS App Developmentを選択してContinue
  • About Creating a Certificate Signing Request (CSR) → Continue
  • 今作った証明書をアップロード
    スクリーンショット 2015-05-28 7.17.59
  • Downloadボタンを押して作った証明書を保存し、ダブルクリックしてMacに登録する。

証明書が済んだらApp IDsの登録

App IDs

  • SafariでメンバーセンターのCertificates, Identifiers & Profilesを選択
  • Identifiersを選択
  • 右上の+を選択
  • App ID Descriptionにアプリ名など入力
  • App ID Prefixはイジれないのでそのまま
  • Bundle IDは全世界で重複は出来ないのでApp ID Suffixはデバッグ用なら汎用性高いWildcard App IDを選択
  • Bundle IDには「com.your-domain.*」のように所持しているドメインに.*でワイルドカードを指定する
  • App Serviceは利用しているものに応じてチェックを入れる
  • Continue → Submitで完了

Provisioning Profiles

  • SafariでメンバーセンターのCertificates, Identifiers & Profilesを選択
  • Provisioning Profilesを選択
  • 右上の+を選択
  • iOS App Developmentを選択
  • App IDを選択(ワイルドカードのやつ)
  • 証明書を選択(iOS Development)
  • 端末を選択
  • 任意のプロファイルの名前を入力
  • できたらダウンロードしてダブルクリックして登録

実機転送

  • Xamarin Studioでソリューションを開いて、iOSプロジェクトをダブルクリック
  • iOS Bundles Signingを選択して、プラットフォームをiPhone、Provisioning Profileを選択
    スクリーンショット 2015-05-28 18.39.37
  • iOS Applicationを選択してBundle Identifierをワイルドカードで使える名前にする
    スクリーンショット 2015-05-28 18.42.22
  • Info.plistを開いてここのBundle Identifierも同じになってるか確認する
  • Entitlements.plistを開いてメンバーセンターで登録した内容に合わせる

完了!
メモ書きなので「こっちの環境だとエラー出ます」って言われても分かんないです。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中