VAIO ZのInstantGoが実質無効化された話

VAIO Zを購入した当初はInstantGoが有効になっていました。
同じく買った人買った人もInstantGoは要らないと言っており、レジストリ弄って無効化してました。

個人的にディスプレイOFFとスリープの連動以外は特に不便なかった(慣れたともいう)ので、とりあえず弄らないで使ってました。

しかし、先日のWindowsアップデート以降?からディスプレイの蓋を閉じてスリープにしたつもりが休止状態になっていました。

レジストリを見るとCsEnabledは有効なままです。
Connected Standby(InstantGo)が無効化された訳ではなさそうです。
キャプチャ

ですが電源オプションには高パフォーマンスが出ています。
キャプチャ

電源管理もスリープが消え、休止状態が増えています。
キャプチャ

バッテリーレポートを見るとConnected Standbyの文字はなく、今まで出てなかったSuspendedがあります。
キャプチャキャプチャ

元々InstantGoは要らないと思ってたんで別に構わないんですが、これによってまた色々と挙動が変わると面倒なんですよね・・・

ちなみにMillercastも対応してるのを確認してWireless Display Adapter買ったのに、ある日突然非対応になってた(VAIOアップデートで無効になった)のでこういうのやめて欲しいですね…

VAIO ZのInstantGoが実質無効化された話」への1件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中