海外端末(スマホ)の電波の話

ツイッターのTLに以下の記事が流れてきました。
すまほん!!総務省、技適未取得の海外端末の使用合法化を検討中か?

やっと技適問題が解決する可能性が出てきたか、って感じですね…。
これが実施されるとしたら「法律的な」電波問題は解決します。
ですが「ハードウェア的な」電波問題は解決しません。

以下、詳しい人に色々刺されそうな内容。

ハードウェア的な電波問題とは

3GやLTEで通信できる端末ごとに利用できる電波が異なります。
auはCDMA2000でdocomoとSoftbankはW-CDMAとかそういうのもありますけど、今回書こうと思っているのはLTEの対応Bandの話。
簡潔に書くと、海外端末と国内LTE Bandが合わなすぎて快適に使えないって話。

突然ですが、ここで合法的にLumia 930が使えたとする場合の話をします。
Lumia 930は以下のLTEに対応しているようです。

LTE FDD network: Band 1 (2100 MHz), Band 20 (800MHz), Band 3 (1800 MHz), Band 7 (2600 MHz), Band 8 (900MHz)

次に、以下の画像はみなさん大好きExpansysにある画像です。

この表と先ほどのLumia 930の対応LTE Bandを確認してみましょう。
(Bandの対応を比較するだけで実際に繋がるとは限りません、特にau)

docomoではBand 1と東名阪でのみBand 3が使えそうです。
ただこの場合、屋内や地下でのLTEの利用は厳しいと思います。

Softbankでは、Band 1とBand 8が使えそうです。
またグループ会社のLTEエリアも使えたと思うので対応エリアなら屋内でも使えそうです。
※電波の質は別問題

auではBand 1しか対応してませんのでdocomo以上につながり辛い可能性が高いです。
またauの場合、上記2社と通話で使う3Gの電波が異なるためLTEが繋がったとしても通話は出来ないでしょう。

上記の通り、海外端末を輸入して使うにしてもSoftbank以外ではLTEが屋内で快適に繋がる可能性が低いということです。(Softbankが屋内で快適に繋がるとは言っていない。)
ですので、各社で快適に使おうと思ったら各社が出してる端末使うのがベターですし、どうしても海外端末使いたいならネットワークは我慢しましょうって事になります。

(ちなみにHTC M8 for Windows欲しいんですけど対応Bandが3,4,7,13しか対応しておらず、合法的に使えるようになったとして輸入してもつらそう。)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中