Windows Phone 8.1の対応解像度

「Windows Phone 8.1」、エミュレーターの動作映像や各種変更点などが明らかに

上記サイトでWindows Phone 8.1での対応解像度が追加されていることが書かれています。

「Windows Phone 8.1」では新たに960×540ピクセルと2560×1440ピクセルの画面解像度がサポートされ、下限も800×480ピクセルから640×360ピクセルへと引き下げられています。

これにより対応解像度は以下の様になります。
640×360、800×480、960×540、1280×720、1280×768、1920×1080、2560×1440
解像度は増えましたが、追加された縦横比率はすべて16:9です。
既存の800×480、1280×768のみ縦横比5:3(15:9)ですので、配置をピクセル単位で指定しなければ問題なさそうです。

広告

Windows Phone 8.1の対応解像度」への2件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中