P-07Cを買った

本当はP-01Dも買ったはずだったんだ・・・だったんだ・・・

昨晩、いつも通りTwitter見てたらdocomoに2台MNPで10万前後のキャッシュバックが見えた。
docomoが現在キャンペーンで「ドコモの家族セット割」というのをやっていて複数台同時購入で端末それぞれから10,500円引してくれる。
本体価格が割引額を下回る場合、キャッシュバックしてくれる店舗があるのでそれを利用する。

ちなみにTLみててキャッシュバックの額が多かったのがP-01DとP-07Cの2機種

 

P-01Dは本体かなり小さくて、内部メモリもメッチャ少なくて使いものにならないと聞いていた。
P-07Cは職場の人が使っててデザイン気になってたんだよね。
ただIS12Tと違ってAndroidは同じ機種複数いらないので要らないながらもP-01DとP-07Cの2機種にMNPで10万キャッシュバックを探していたところテルルモバイル亀有とモバワン新小岩が近所で浮上。

テルルは秋葉でSony Table S、浅草でIS12T Blackを購入したことがあるが、どちらの場合も有コンとか付かなかったので今回もテルルに決定。

MNPはauから1回線、Softbankから1回線を予定していた。
実際その2回線で予約番号を取り、MNP手続きに向かったのだ。

事前に予約をしていたので手続きは早かったけど店員とのやり取りでもしかしたらが発生。

店「現在docomo持ってますか?」
俺「1回線あります。」
店「それってどれぐらい使ってますか?」
俺「2,3ヶ月ですね(F-12Cは解約してしまったのでSony Table S)」
店「そうするともしかしたら片方審査通らないかもしれません・・・」
俺「!」
店「docomoは審査が厳しくて長期回線(「3ヶ月以上」って言ってた)がないと無理なことがあるんです。まあ、審査通してみないとわからないんですけどどうしますか?片方しか通らないとキャッシュバック額も下がりますが・・・」
俺「とりあえずやります。」

という訳で1時間ほどマックでシャカシャカチキンとアイスティを飲みながら作業。
手続きしてから約40分後、Softbank回線の電波表示が✕表示になった。
MNPの時に掛けた番号にもつながらない。
一方auは157に普通にかかる、1時間経過してもかかる。という訳で1回線駄目でした。
F-12Cは6月10日にIS12T Blackにしてしまったのでそれがなければ通っていたかも…
ちなみにIS12T Blackも当初はPHOTONからSIM出ししたSH006から機種変更だったのですが、直前にSIM出ししてしまったがために0ヶ月目で機種変更受け付けてもらえなかったのだ…

つくづくケータイ買うのが下手である。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中