新しいSkyDrive


新しい SkyDriveが先日発表?されました。

今までSkyDriveはいちいちWebにログインしないとファイルのアップロード、ダウンロードが出来なかった(publicフォルダを除く)訳ですが、
先日、PCと同期を取ってくれるソフトが公式からプレビュー版ながらリリースされました。
DropBoxを使ったことがある人はほぼ同じ使い方か、それ以上の使い方が可能です。

容量は新規に登録したユーザーは7GBまで無料、既存ユーザーは標準7GBだが無料で25GBにアップグレード可能です。
そしてこのSkyDriveはPCより先にiPhoneやWindowsPhoneでアプリがリリースされています。
(Androidは公式アプリではないはず…非公式はあるかもしれないけど)

まずPCではDropBoxと戦うことになると思います。
先程も述べた通りSkyDriveの容量は今から登録しても7GBあります。
それに対してDropBoxは標準で2GBです。(最近変わったとか聞いた気がした)
しかしDropBoxにはSkyDriveには多分ない機能がついています。
それは一定期間内であれば削除してしまったファイルを復元したり、以前の状態に戻せるという機能(リポジトリ)があります。

要するに自動でバックアップも取ってくれるのがDropBoxの利点です。
PCメインでの利用だったら2GB内で収まるならDropBoxがいいかもしれません。(どちらもWin/Mac両対応)

次にスマホです。(キャプチャ面倒で撮ってません>ワ<)
SkyDriveはiPhoneとWindowsPhoneに対応しています。
音楽などのサウンドファイルはストリーム再生に対応、ダウンロード不可能。
イメージファイルは表示とダウンロードが可能というのは共通です。

そしてテキストファイルです。
iPhoneはなぜかdocx形式のwordは読み込めました。(読みこむだけで編集は出来ません)
txt形式のファイルは開けますがUTF-8でもSJISでもマルチバイト文字が文字化けして読めません。
WindowsPhoneはSJIS形式のtxtファイルと、もちろんdocx形式のファイルの読み込みと編集が可能です。
UTF-8は同じく文字化けしてしまいました。

WindowsPhoneの場合、最初からテキスト編集をしようと思ったのならSkyDriveアプリではなくOfiiceHubがオススメです。
編集可能なファイル一覧が既に出ています。

デバイスで撮った写真に関してはやはりiPhoneはiCloud、WindowsPhoneはSkyDriveを使うのが便利です。
それぞれ設定によりますが、撮った写真を自動的にアップロードしてくれます。

という訳でまとまらなくなってきた所で、WindowsPhoneユーザーなら新しいSkyDriveを使おう!

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中