Windows Phone 7 を買おう!の前に。

以前の記事でWindows Phone 7に関しては書いたので今回は買うときの注意。

日本でWindows Phone 7を利用しようと思ったらauが出しているIS12Tしか現状選択肢がない。
海外のSIMフリーを輸入してもいいが、技適を通過している物がHTC Trophy?だかHD 7だかしかない。
っていうかあれは技適通ったらSIMさして使っていいの?

と、まあ色々あるのでIS12Tでお話を進めます。

auだけ?え、しかもあの富士通東芝製…?
 

先ほど述べたとおりauのIS12Tしかないので

auが嫌い 富士通東芝製スマホが嫌い Arrowz Zの件で富士通東芝製は避けたい

という方にはおすすめできない。
っていうか富士通東芝は避けたいって人もWindows Phoneは問題ないと思っていい。
OSとしてAndroidを搭載している端末は少なからずカスタマイズされているが、
IS12Tが搭載しているWindows Phone 7にはメーカーによるカスタマイズがされていない。

もちろん当たり外れはあると思うが…。
嫌いと言われたら何も言えないし!

—-

日本人が大好きな機能がほとんどついてない!

 おサイフケータイ? ワンセグ? 赤外線?

そんなもの何一つないよ!
でもケータイでTV見たりお財布ケータイ使ってる人ってどれだけいる?
ワンセグって全然電波入らんし…
お財布ケータイは使ってるのでぜひ使えるようになってほしい。
赤外線は本気で欲しい…あれ?

—-


え?microSDが入らないの?

Androidじゃ当たり前のmicroSDが入らないよ!
でもIS12Tは32GBもストレージ積んでるから問題ないだろ。
iPhoneにだってついてないしね。

それにWindows PhoneにはSkyDriveっていうiCloudみたいなオンラインストレージがある。
SkyDriveは非常に前から運用されているサービスなのだがあまりに利便性が低く、
活用されることが少なかったが、Windows Phoneの強い味方になることは間違いない。
なんたって50GBもの容量を持っている。

[2012/06/04追記]
この記事書いたあとにSkyDriveの仕様が代わり、
新規でLiveアカウントを取得するユーザーは7GBに変わりました。
既存ユーザーもデフォルトでは7GBですが無料で25GBまで増やせます。
そもそも元から50GBではなかったみたいなんですが、この記事書いた時なんで50GBって書いたんだ…

[2012/06/03追記]
MarketplaceにSkyDriveアプリが出ています。
SkyDriveがPCからも簡単に利用出来るようになりました。
もう使いづらいってことはない!

—-

パソコンがないとアップデートできないよ


あのiPhoneでさえPCレスになったのにWindows PhoneはまだPCが必要なんだ…
IS12Tを手に入れたらまずZune Playerをインストールして更新プログラムがないか確認すること。

PC経由でアップデートすることを強いられているんだ!

—-

Flashが再生できない

実はこれ、海外はしらないけど日本で普及させることができない1つの要因。
Flash再生できないと言うことはソーシャルゲームにほとんど対応していない。
iPhoneもFlash対応していないが、iPhoneは普及率もあってサーバー側でFlashがいらない変換をしている。

ところがどっこい!
Windows Phoneの普及率とかまだミジンコも同然なので無視されるわけですよ。
iPhoneのUserAgentにしてもログインはできない。
非常にもどかしい…
IE9モバイルがFlash対応するか、ソーシャル側がHTML5に対応するか…

—-

キャリアメール(@ezwebのアドレス)は諦めろん

Eメールというアプリを使えば@ezwebドメインのメールは使えるけど使えないので諦めろん。
意味が分からないだって?
とりあえず送受信はできるよ?
でも最初に全受信メールを引っ張ってくるとか頭悪いし、フォルダ分け未だにできないし、
とにかく使いづらい、使いものにならない。

という訳で諦めろ。
僕はキャリアメールは全部Gmailに転送してEメールアプリはアンインストールした。

—-

ここまでネガキャンっぽいけどここからが本番!

—-

デバイスはAndroidとiPhoneのいいとこ取り!
Androidはデバイスに統一性が殆ど無い。

・画面サイズ、縦横比がバラバラ
(800×480、854×480、960×540、960×640、1280×720、など)
・さらに解像度が4種類
(低解像度、中解像度、高解像度、超高解像度)
・搭載センサーがバラバラ
マルチタッチって何本?2本の端末もあれば4本もあり…
ジャイロ入ってるの?GPSは???
・OSのバージョンによって仕様がバラバラ…

今度はiPhoneはどうだろう?
完全にデバイスは統一されている。
それはそうだ、メーカーがAppleしかないのだからバラバラになる方がおかしい。
Appleの悪いところは何だろう?
それはメーカーが1社しかないところだ。
Appleがデザインし、Appleが開発し、Appleが販売する。
個性がでない。
別にiPhoneのデザインが嫌いというわけではない。
むしろ好きな方だが、これだけiPhoneが出回っているのにみな似たデザインではないか?
せいぜいケースが違うだけだろう。

Windows Phoneはどうだろう?
Androidと違い、デバイスは比較的統一がされている。
Androidでオワコン(終わって欲しいコンテンツ)な理由であった画面の不統一がまったくない。
搭載センサーも必須とオプションがちゃんと明確にされている。
製造メーカーは1社ではない。
国内ではまだ富士通東芝だけだが、海外ではNOKIA、HTC、Samsung、などが何機種も出している。

実はこの統一性がアプリ開発には重要なのだが、
現在時刻午前2:30なのでまた今度にするとしよう。

広告

Windows Phone 7 を買おう!の前に。」への2件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中