auスマートフォン 2012年春モデル

日付が過ぎてしまいましたので昨日のことですが、auの新商品、新サービス発表会でした。
http://www.au.kddi.com/new/presentation/index.html

サービスについてはまた後日。
今回発表されたのは5機種のAndroidスマートフォイ
        ふぉい。


GALAXY SⅡ WiMAX ISW11SC

Android 2.3を搭載したワイフォイテザリング可能なスマートフォイ
+WiMAXも使えるからニンバス2001も用なしだね。
またSAMSUNGお得意のAMOLED (有機EL)ディスプレイでかなり綺麗に表示されると思う。
ちなみに解像度は1,280×720のHD画質。
画面サイズは4.7インチ・・・4.7インチ???
いや、デカすぎるだろ・・・JK。
もうちょっとでGALAXY NOTE(5.3インチ)になるふぉい。


INFOBAR C01

ガラケーの物理ボタンを搭載したAndroid2.3端末。
ここまでやるんだったら十字キー付けようぜ・・・ポッター。
画面サイズは3.2インチでスマートフォンとしては小さいけど、
ガラケーとしてはまあ普通なサイズふぉい。
解像度はFWVGA(854×480)で、まだ生き残るかこのサイズ・・・
そして短い連続通話時間と待受時間・・・
ちなみにメーカーはSHARPです。


Xperia acro HD IS12S

みんな大好き!全部入り!
ワンセグ、おサイフケータイ、赤外線、防水!
もちろん@ezwebもCメールも緊急速報も使えるふぉい!
やっふぉーい!
Android2.3で画面サイズは4.3インチの1,280×720。
スマフォのHDディスプレイとしては一般的なサイズふぉい。
ちなみに防水は◯◯しても電話として機能しているという性能なので
通話機能以外が死んだとしても文句は言えないふぉい。
IPX5/IPX7等級の防水性能っていうのは
IPX5が・・・
内径6.3mmのノズルを用いて、約3mの距離から約12.5リットル/分の水を3分以上注水する条件で、あらゆる方向からのノズルによる噴流水によっても、電話機としての性能を保つことを意味します。

IPX7が・・・
常温で水道水、かつ静水の水深1mの水槽に電話機本体を静かに沈め、約30分間水底に放置しても、電話機内部に浸水せず、電話機としての機能を保つことを意味します。

要するに水(≠お湯、海水、温泉)に沈めても、間違えてかけちゃっても電話が生きてるってことなので
海ぽちゃとかは対象外なので、か、勘違いするなふぉい!


optimus X IS11LG

高輝度に定評のある?LGのOptimus!
高輝度ってのは天気のいい屋外のような明るい場所でも見やすいふぉい。
今回はゴリラガラスというiPhone 4/4SやらGALAXY SⅡに使われている
傷汚れがつきにくい、拭き取りやすいという物をディスプレイに採用。
あとはあんまり特徴なし。
Android2.3、4.0インチWVGA(480×800)


MOTOROLA RAZR IS12M

MOTOROLAの本気?
ゴリラガラスとSuperAMOLED Advancedディスプレイ搭載なので
GALAXY SⅡレベルの写りはするはず。
大容量バッテリー (1780mAh)という割には今回のGALAXYより
通話時間も待受時間も短いのはなぜだふぉい・・・
Android2.3でディスプレイは4.3インチQHD (540×960)


技術者から見ると
「 完 全 に 画 面 解 像 度 が 別 れ て て 死 ね 」
GALAXY、Xperia → 1280×720
RAZA → 960×540
Optimus → 800×480
INFOBAR → 854×480

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中