Androidについて

仕事から帰ってきてジャンプ読んでたらこんな時間だよ!

今日はAndroidについてです。

Androidっていうのはみんな大好きGoogle先生の作ったスマートフォン、タブレット向けOSです。
多種多様な機種が各メーカーから販売されています。


これが僕のダメで使えないIS06のホーム画面です。
ホーム画面にはよく起動するアプリのアイコンや、ウィジェットと言ってアイコンではなく何か表示するもの、操作できるものを配置することも出来ます。
画像の時計やカレンダーはその類です。
また、パソコンと同じく好きな壁紙を設定することができます。
さらに壁紙にはライブ壁紙と言って動的に変化する物を設定できます。
僕は電池がやたら食われるので使っていませんが。


これがメニュー画面。
iPhoneのホーム画面に似ています。
ここは基本同じなので割愛します。


一応音楽プレイヤーや、画像一覧を表示するギャラリーアプリもあります。
ありますが、iPhone程の利便性などはないです。
とても業務的。


もちろんマーケットもあります。
ここからアプリをダウンロードできます。
できますが、注意が必要です。
Androidマーケットのアプリは誰も審査していません。
開発者がどんな意図でアプリを公開したのか知り得ません。
iPhoneやWindowsPhoneはきちんとアプリを審査します。
ユーザーに害のあるアプリはリジェクトと言ってマーケットに公開されません。
Androidマーケットが無法地帯と言われる所以はこれです。
彼ログって知ってますか?
2日前の記事を読んでください、ちょっと書いてあります。


Androidの比較的便利な機能がこの通知画面。
インストールしてあるアプリに関する通知はすべてここに表示されます。
しかもこの画面、どんなアプリを起動していても表示することができます。

画面上から下に向かってナゾレバよい。

とりあえず紹介はこんなもん。
Androidのいいところ、悪いところ。

いいところ
1.色々なメーカーが色々な機能違い、デザイン違いの端末を出しているため選択の幅が広がる。
2.Androidのガラパゴス化という名に相応しく?日本独自機能としてワンセグ、おサイフ携帯、赤外線対応の端末がある。
3.新しいモデルが出たらすぐ値段下がる。
4.開発に敷居が低いのでとりあえずアプリの数は豊富かも?
5.iPhone、WindowsPhoneでは閲覧不可能なFlashが閲覧可能(Android2.2以降)

・ダメなとろこ
1.とりあえず電池が持たない。
普通に使ったら仕事中とか学校とかで電池切れるレベル、ヘタすると午前中に。
2.時々Arrows Zとかいう爆弾が発売される。
3.Androidのガラパゴス化という名に相応しく?日本独自機能としてワンセグ、おサイフ携帯、赤外線対応した国内メーカーは動作が全体的にモッサリ。
Androidの標準機能に近い海外メーカーSamsungやHTCはそんなにもっさり感はない。
4.開発の敷居が低いのでAndroidの知識があまりない人が作ったアプリが散乱してたり、
知識ありすぎて端末から情報を抜き取るアプリを作って公開されたりする。
5.バージョンアップが頻繁に起きるのですぐに動作保証対象から外れたりする。
6.メーカー毎に色々と仕様が異なる。(例:Sony EricssonのXperiaは戻るボタンが他のAndroid端末の逆にある)
7.アプリ開発者が死ぬ(画面解像度対応が尋常じゃない)
8.7の理由でiPhoneアプリより開発コストが高くなるのでちゃんとしたアプリは実は少ない

と、まあこんなところでしょうか?
いいところが悪いところの布石になってるのがAndroidです。
Android嫌いなので客観的に書けてませんが・・・。

開発者向けの「Androidはオワコン」話はまた後日・・・

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中