日本市場のスマートフォン

今日は1日引き篭ってTOKYO MXで放送されていたFate/Zetoを見てました。
1話だけ1時間あったんだけど、通常放送でも1時間だったっけ?

まあ、そういう訳で今日はブログネタがないので、スマホに関して書いてみようかと思います。

そもそもスマートフォンって何?ってところから始めるべき・・・?
あまり細かい説明はあれなので大雑把に説明すると、今まで日本で主流だった携帯のことをフィーチャーフォンといいます。
フィーチャーフォンの中でも日本仕様に特化した物をガラパゴスケータイ、略してガラケーと言います。
日本仕様ってなんぞ?っていうと、赤外線、おサイフ携帯、ワンセグなど海外では通常取り入れていない機能のことです。

それに対して、近頃よく名前を聞くiPhone、Androidはスマートフォンです。
あとは聞きなれないかもしれないけどWindows Phone、Blackberryという物もあります。

「auが出してるAndroidっていうiPhoneにしようかなー」
「じゃあ、私はdocomoのiPhoneにする!」
っていうツイートが去年の夏ぐらいにリツイされて回って来ました。(ネタか事実か知りませんが)
こういう知ったか発言すると笑われます。
分からないなら素直に分からないと言っていい分野です。

スマートフォンを識別するには大まかに3つの分類があります。
OS、メーカー、キャリアです。

OSはパソコンで言うところのWindowsやMacOSのこと。
メーカーはわかりますよね?シャープとか東芝とかです。
ちなみにHTCというメーカーは日立ではありません。
日立はスマートフォンを出していません。

キャリアはdocomo、au、ソフトバンクモバイル、イーモバイル、ウィルコムのことです。

この組み合わせがおかしなことになると知ってる人からは苦笑されます。
前述のandroidっていうiPhoneはありえないのです。
iPhoneはiOSを搭載したAppleというメーカーが出しているスマートフォンのことですから。

————————————————–

iPhone

説明しなくても大体知っていますね?
最近ソフトバンクモバイルだけでなく、auからも発売されているApple社製のスマートフォンです。
http://www.apple.com/jp/iphone/

日本で最初のiPhone 3Gが発売された時はこのような名言が生まれました。

乗るしかないこのビッグウェーブ

おっと、脱線しました。
iPhoneを選ぶメリットとしては、非常に洗練されたデザインとユーザーインターフェースで、初めてスマートフォンを使う人でも比較的使いやすいと思います。
また、周りにユーザーが多いと思いますので、わからなくなっても聞ける相手が多いかと。
アプリの種類も豊富で大抵の事は困らないと思います。
Appleのサポートもかなり長い間行われるので新しいもの好きでなければ非常に長い間利用できます。
ただし、ガラケーみたいに5年10年使えるものではないということを覚えておいてください。
これはスマートフォンに共通の項目です。

逆にデメリットは何か?
赤外線がない=アドレス交換が若干面倒
おサイフ携帯がついていないので利用している人は注意
バッテリー交換が個人でできない
など、細々としたデメリットが多数あります。
ただ、デメリットを大きく上回るメリットがあるのでこれだけ爆発的に売れているのだと思います。
勿論、「日本人独特のみんなが持ってるから」という自分の意志がない人もいるかと思います。

————————————————–

Android

2010年の夏、auから「未来へ行くならAndroidを待て」みたいな宣伝文句があったのを覚えているでしょうか?

IS03発売と同時にAndroidという名前が爆発的に広まったと僕は認識しています。
レディ・ガガをイメージキャラクターに持って来たり、auの非常に必死な戦略が功を奏したのか、「au=Android」という誤認が発生しました。
販売、案内する側や、開発者側からしたら非常に迷惑な認識です。(Androidアプリ開発に至っては未だに開発者を苦しめている機種でもありますが・・・)
IS03が発売される前にdocomoからXperiaは出ていたし、Googleフォンという名の機種も出ていました。
現在日本だけでなく、世界で一番普及率の高いスマートフォンOSです。

メリットは多くのメーカーから出ているのでデザインや機能など好きなモノが選べます。
最近ではガラケーから乗り換えのユーザーを狙って、Androidだけどガラケーと同じように使えるよーという謳い文句の物まで出てきました。
iPhoneと違い、各メーカー、キャリアがデザインやら機能なら色々弄れるのがメリット・・・の反面そこがデメリットになることも。

デメリットはとにかくバッテリーが持たない。
ガラケーから乗り換える人は特にバッテリーが持たないと思うはず。
ガラケーってすごい節電機能が付いてて、下手すると1週間とかバッテリーが持ちます。
Android端末は1日持てばいいほうじゃないでしょうか?
あとはアプリの削除方法がマジで分かりづらい&わかってても面倒臭い。
メーカー独自機能のせいですごく遅い、カクカクする・・・など。
このデメリットは国内メーカーほど多く起こります。
最近ではdocomoから発売されたArrows Zという端末が超地雷です・・・
信じられない仕様です・・・。
おサイフ携帯とか赤外線とかいらないけどAndroidがいいという場合、海外メーカーをお勧めします。
SamsungのGalaxy SⅡなんかいいと思います。
アプリ自体ですが、アプリをマーケットに登録する際に審査がないので、審査のあるiPhoneより質が劣ります。
また審査がないのでカレログというストーカー紛いなアプリまで出ています。
iPhoneだったら個人情報絡みでまず審査が通りません。

ちなみにAndroid auというページはiPhone発売に伴い消えました → 現在

————————————————–

Windows Phone 7

確か去年の8月にauから発売されたIS12Tという機種が日本では発売されています。
僕のメイン携帯は今これです。
iPhoneが発売される1,2ヶ月前に発売されたのですが、iPhoneの方が売りたいらしくあまり宣伝らしい宣伝を見ません。
使い勝手はと言うと、後発というだけあって非常に使いやすいです。ぬるぬるです。
発売当初は日本語対応のアプリが非常にすくなかったのですが、ここ半年ほどで爆発的に増えてきました。
ソーシャルゲームをやらないのであれば十分足ります。

メリットはAndroidとiPhoneのいいとこ取りとよく言われます。
機種自体はiPhoneのようにApple限定ではなく色々なメーカーから発売されています。(海外では)
他のメーカーやキャリアから発売されれば、デザインやカラーバリエーションなど好きなものが選べるようになるでしょう。
アプリはiPhoneと同じく審査があるので質や安全性は保証されます。

デメリットは主にメール周りです。
SMS(ショートメール、Cメール)の送信が行えない(今年の1月に対応予定ではある)
Eメールアプリ(@ezweb.ne.jpのアドレスを利用するためのアプリ)が糞すぎて使いものにならない。
ソーシャルゲームが未対応
ぐらいでしょうか?
ちなみに僕は@ezwebは捨ててGmailに移行しました。
@ezweb宛はGmailに転送して、Gmailから返信します。
SMSは正直不便でしょうがないです。
友人や家族からSMS飛んできても送信できないのでGmailから返信したり、電話したり・・・

————————————————–

長くなりましたがこんなところです!
個人的におすすめは
iPhone=Windows Phone 7>>>>>越えられない壁>>>>>Androidです。
Androidまじオワコン・・・爆ぜろ!

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中